名古屋大学大学院環境学研究科 社会環境学専攻環境政策論講座 涌田幸宏 Yukihiro WAKUTA

ようこそ、涌田幸宏研究室のページへ

私の専門は経営学、特に経営組織論で、ネットワーク組織、ソーシャルネットワーキング、新制度派組織論などに関心があります。最近では、持続可能な地域社会の形成に向けた、ソーシャル・ビジネス、社会企業家の役割に注目をしています。

社会科学の目的は、人間社会で生じる様々な現象の解明です。 なぜこうした現象が起こっているのだろうという疑問を持つことが大切です。現象生成のメカニズムを理論的に解明することで、どうすればよいのかという政策を立案することができます。 そのため、自分なりの分析視角を磨き、どのような観点から、何をどう問うのかが、社会科学を勉強する際に重要となります。 その場合、常識を疑ってみることも一つの方法です。当然と考えられていることが、案外そうでなかったりします。非・常識な発想から革新的なアイデアが生まれることが多いのです。

環境政策論は、固有の理論体系を持った学問分野ではなく、いわば応用分野です。 したがって、環境政策やソーシャル・ビジネスを研究するためには、既存の学問分野を勉強することが必要とされます。 社会環境学専攻は、社会学、心理学、地理学、法律、経済学といった様々な専門領域の教員が集まっています。 また、環境政策論講座では、こうした専門領域の先生から指導を受けられる体制も整っています。 いろいろな専門分野に触れ、自分なりの物の見方を養って、ソーシャル・ビジネスを勉強してみませんか!